So-net無料ブログ作成
検索選択

信号待ちで静止する

自転車と言うものは、遠心力でバランスを取っている」
といわれても、「タイヤが回るから?」などと、
おバカな発想しか私はできませんでしたが、一つの原理を知りました。

右に曲がろうとしている自転車は、右に傾きながら進んでいきます。
このとき自転車のルートを真上から見ると、ある円弧の一部分を通って進んでいます。

運動している物体は、そのまま進み続けるわけですので、
慣性君としては、本来は曲らずにまっすぐ進みたいわけなのです。
しかし、自転車が傾いているため、重力君が自転車を引き倒そうとする力も働きます。

この円の外側に自転車を吹っ飛ばそうとする力=遠心力と、
円の内側に引き倒そうとする力=重力がちょうどつり合って
自転車は倒れずに曲っていくという原理です。

まっすぐ進んでいる自転車は、自分から無限に遠くの右側(と左側)にある巨大な円の遠心力と
重力とがつり合っているということになります。


では、信号待ちでクリートを外さずに、ず~っと静止し続けるにはどうしたらいいかと言うと…

「少しも、傾かなければいい!」

なんだ簡単じゃないか(笑)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

drfriend

そうかぁ、なるほど・・・(笑)。
はじめまして。ボクも最近自転車にはまってます。
by drfriend (2008-05-07 13:26) 

mogula

初nice & 初コメントいただきました^-^

ありがとうございます。
by mogula (2008-05-07 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。